海外での自毛植毛事情

自毛植毛先進国といえば、アメリカが有名なことはご存知でしょうか。

日本ではまだ自毛植毛は一般的な薄毛改善法として認知されているわけではありません。

やはり、施術費用が高いことと、外科施術であるためダウンタイムが長いことや発毛まで時間がかかるなどのデメリットが目立ち、日本での薄毛改善法で一般的なのはミノキシジルやプロペシアなどといった内服タイプの初も薬の人気が高いといえます。


しかし、アメリカでは薄毛に悩むおよそ半数の人が自毛植毛を選択するというデータが出ています。

エキサイトニュース関連の情報をたくさん掲載しています。

日本やヨーロッパなどでまだ行われている人工毛による移植も拒否反応による炎症などが多いことからすでに禁止されているなど、植毛における考え方は徹底しています。
なぜそこまでアメリカにおいて自毛植毛施術が人気が高いのかといえば、効果が高いことと費用が安く済むということが挙げられるようです。

内服タイプであっても直接頭皮に塗布するタイプにしても、長期間継続して使用し続けなければ効果が期待できない初も薬や発毛剤に対し、自毛植毛は一度施術を受けて発毛してしまえばその後のメンテナンスなどは必要ありません。

様々な分野の自毛植毛を知りたいならこちらです。

もちろん移植本数に限界はあったり、複数回施術を受けるなどの問題もありますが、一回の施術で成功すればこの先薄毛で悩むことはなくなるのかと思うと、それだけアメリカにおいて植毛を受ける人が多いという理由もうなずけます。

現在、日本において植毛を受けるのは非常に高額であるというイメージが高いですが、それでもあまり植毛が普及していなかった10年前などに比べると確実に費用は安くなってきています。



それを考えると、いずれ日本でも低価格で植毛の施術を受けられ薄毛の改善法として一般的になる日もそう遠くないのかもしれません。